ふくしまと韓国かけはしプログラムⅡ -ふくかん農食品文化交流事業- <派遣プログラム> (2017.3.15~3.21)


福島から韓国へ、派遣プログラム

福島の農業関係者ら50名が3月15日から21日までの6泊7日間の日程で訪韓し、 「ふくかん農食品文化交流事業」を実施しました。
「福島の魅力・福島の今を紹介します」のもと、対日交流を深めました。

一行は、ソウルのほか、全州、金堤、公州、大邱、釜山、安東など、韓国の農業や食文化に触れました。
全州と大邱では、それぞれの市民を招待し、農食品文化交流会を行いました。

プログラム中は、福島から持ち込んだ米をはじめ、リンゴジャムなどの食品を交流する韓国の市民に食べていただき、いかに福島の食品が安全であるかをアピールした結果、大いに風評被害払拭に役立てることができました。

事業実施報告書<派遣プログラム(2017.3.15~3.21)>(PDF 944KB)
※別タブ(又はウィンドウ)で表示されます

ふくしまと韓国かけはしプログラムⅡ -ふくかん農食品文化交流事業- <派遣プログラム> (2017.3.15~3.21)報告書
※別タブ(又はウィンドウ)で表示されます

ページごとの閲覧
1.表紙・裏表紙(816KB)
2.1p_2p(483KB)
3.3p_4p(814KB)
4.5p_6p(584KB)
5.7p_8p(539KB)
6.9p_10p(573KB)
7.11p_12p(545KB)
8.13p_14p(709KB)

報告書全14ページ(PDF 4MB)

Facebook特設ページ
※別ウィンドウ・タブで開きます。

YOUTUBE(歓迎会)

【訪問地】 ソウル市、公州、全州、金堤、大邱、釜山、安東 他

プログラムの様子
 
全州大学で福島の米やジャムをプレゼント   韓国全国からきた福島ファンの皆さん
     
 
果物農家の魅力を紹介。風評被害払拭となり感動   福島の団員が日本伝統舞踊を披露
     
 
韓国人女性と結婚、韓国に暮らす日本人・水野さんの講演   交流会後、班ごとに報告会で発表